にほんまつの平屋も引渡して、早いもので3か月が経ち、定期点検行ってまりました。
まずは、遠くから見てみます。

この日は、全国的に珍しく4月なのに雪でした。
杉板の外壁の経年変化は、見られず、引き渡し時と変わらね姿。

奥には、大量の薪!薪ストーブ搭載ですので、冬期間は、薪ストーブ一台で過ごせたようです。
平屋で約30坪あり、薪ストーブから一番遠い場所でもこの日は25℃もありました。

一冬過ぎると無垢の家は、伸縮乾燥を繰り返し狂いが出てきます。

この日は、建具屋さんに同行してもらい、すべての建具を調整していただきました。

お客様と世間話をしていると、うれしいお言葉も
「家は3回建てないと、いい家が作れないと言いますけど、そんな事ははないですね。」
と言われたときは、このお客様に出会えて本当に良かったと感じました。

タカモク 髙梨宏和