釈迦堂川の桜並木を眺望できる須賀川の家の地鎮祭を行いました。

台風19号豪雨災害の際、ギリギリ浸水はしなかったもの災害マップの浸水エリアでの施工となります。施主様の希望もあり高基礎にて水害対策を行います。今年に入ってから、県内で大きな地震があり被害を受けた地区もあります。耐震は許容応力度計算による耐震等級3、耐風圧等級2で設計しました。また、災害による停電に備え、太陽光パネルを設置したゼロエネルギーハウスになります。外皮性能は、UA値0.25としHEAT20のG2グレードになる予定です。

性能も大事ではありますが、須賀川の家の楽しみなポイントはなんといってもLDKからの眺めになります。心地よく暮らす為の工夫盛りだくさんのお家になりそうです。Y様おめでとうございます。

タカモク 高梨